FC2ブログ





エンターテイメントの要素を掲載したニュースブログです!



プロフィール

謎の一般人S

Author:謎の一般人S
ニュース速報!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歌手・森山直太朗が交通事故 相手の男性は足の指を三本骨折
歌手森山直太朗(32)が東京都目黒区のコインパーキングで乗用車を運転中、通行人の足にけがをさせていたことが2日、分かった。
警視庁目黒署によると、1日午後9時ごろ、目黒区上目黒3丁目の駐車場に森山の車が右折して入った際、駐車場を横切ろうとした60代の男性の左足に右前輪で乗り上げた。
男性は足の指を3本骨折した。森山と連絡先を交換した後、歩いて帰宅しようとしたが、森山が男性を自宅まで送り届けた。
男性の親族が通報し、同署が業務上過失傷害容疑で事情を聴いた。

 森山は所属事務所を通じ「相手の方にケガを負わせてしまったことを大変申し訳なく思っております。今後このようなことがないように気を引き締め、努力してまいります」とコメントを発表した。
16日に埼玉県和光市から始めるコンサートツアーは、予定通り行うという。

【oricon style様より引用】
スポンサーサイト

テーマ:芸能界のニュース - ジャンル:アイドル・芸能


ロバート・秋山が一般女性とひっそりと結婚!
人気お笑いトリオ、ロバートのボケ担当、秋山竜次(30)が昨年4月に一般女性(29)と入籍していたことが3月31日、分かった。
7年の交際を経ての結婚だったというが、他のメンバー2人は1年もの間まったく知らされていなかったという“ダンマリ婚”。最近知ったメンバーは「ドン引きです…」と大ショック。
当の秋山は「バレたかという感じ」とトボケている。


テーマ:芸能界のニュース - ジャンル:アイドル・芸能


タレント・野村沙知代が肖像権をめぐる民事訴訟で敗訴
単行本に写真を無断で掲載され、肖像権を侵害されたとして、タレントの野村沙知代さんが、モッツ出版(東京都港区、高須基仁社長)に1100万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、東京地裁(鶴岡稔彦裁判長)は19日、請求を棄却した。

 判決によると、モッツ出版が昨年出版した高須社長の著書「私は貝になりたい」に、野村さんの写真4枚が承諾を得ないまま掲載された。鶴岡裁判長は、「写真は、高須社長が野村さんの承諾を得てパーティーなど公的行事の場で撮影した。内容も野村さんに不利益を与える恐れはない」と指摘した。

【ZAKZAK様より引用】

テーマ:芸能界のニュース - ジャンル:アイドル・芸能


無罪になったタレント・羽賀研二が控訴審で不利になる出来事が!
未公開株の売買で詐欺と恐喝未遂の罪に問われ、大阪地裁で無罪判決(求刑懲役8年)となったタレント、羽賀研二(本名・當真美喜男)被告(47、写真)の公判でウソの証言をしたとして大阪地検は17日、偽証罪で千葉県浦安市の元歯科医(47)を在宅起訴した。公判では元歯科医の証言が無罪の決め手となっただけに、タレント復帰もささやかれた羽賀は一転、がけっぷちに追い込まれた。

 羽賀は知人男性に、未公開株を1株40万円で取得したことを隠し、1株120万円で入手したとフッかけて3億7000万円をだまし取ったなどとして2007年に起訴された。公判は昨年5月に結審したが、羽賀側が申請した証人尋問が認められ、再開。被害男性と知り合いだと称する元歯科医が「被害男性は未公開株が1株40万円だったと知っていた」と証言したことで一気に羽賀に有利な展開となった。証言した際、元歯科医は「羽賀被告とは面識がある程度」と距離感があることを装っていた。

 地検は元歯科医証言はウソで、元歯科医と被害男性は面識がなかったとみている。一方、元歯科医は羽賀と10年以上前からの知り合いで、06年にハワイで開かれた羽賀の結婚式にも出席するなど親密な間柄だったとしている。公判で窮地に立たされた羽賀が元歯科医にウソの証言を依頼した疑いも浮上しており、地検は羽賀本人に対する偽証教唆の疑いも視野に慎重に調べを進めている。

 羽賀は無罪判決の際、法廷で涙があふれ出すほど嗚咽。報道陣に「とにかく判決がうれしかった。本当によかったです」と語り、芸能界復帰に関しては「ご理解していただけることから1個1個積み上げていくしかできません」と“誠意大将軍”ぶりをアピールしていた。だが、控訴審では厳しい判決が下される可能性が出てきた。

【zakzak様より引用】

テーマ:価値ある情報ニュース - ジャンル:ニュース


20代中心の若者に定額給付金についてのアンケートを実施
パソナグループが運営する「自立人(フリーター)協会」は2009年3月9日、「若者の『定額給付金制度』に関するアンケート調査」の結果を発表した。20代を中心とした若者329人が回答した。

定額給付金に「賛成」とする回答は25.8%。給付金に当てられる2兆円の予算を「他の政策に用いるべき」、との回答は69.3%で、若者がこの政策に好意的でないことがうかがえる。ただし、給付金を受け取るかどうかに関しては、96.0%が「受け取る」と回答、金額についても57.4%が「少ないと思う」と回答している。使い道に関しては「貯金」(30.5%)、「生活費」(24.3%)、「飲食代」(14.0%)の順に多く、現実的な用途が多いようだ。


【J-CASTニュース様より引用】

テーマ:価値ある情報ニュース - ジャンル:ニュース



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。