FC2ブログ





エンターテイメントの要素を掲載したニュースブログです!



プロフィール

謎の一般人S

Author:謎の一般人S
ニュース速報!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青春バスケ漫画「SLAM DUNK」、最終作が書籍化決定
バスケットボール漫画の金字塔『SLAM DUNK』の最終回から10日後を描いた『SLAM DUNK 10 DAYS AFTER』が、年内に書籍化されることが23日(金)までにわかった。作者の井上雄彦氏が公式ホームページで「2009年、やや見やすく(?)手に取りやすい(?)本の形にして世に出すことにしました。最終形かつ一般化」と発表したもので、これが『SLAM DUNK』に関する"最後の出版物"となる可能性もありそうだ。

 同エピソードは、原作の最終回から10日後の世界を廃校となった旧神奈川県立三崎高校の黒板23枚にチョークで描いた異色作。2005年12月3日から5日まで、単行本総売上げ1億冊突破の感謝企画として、作品は期間中誰でも見ることができ、3日間で5000人を超えるファンが訪れた。

 作品をカード化した「黒板カード」及び、イベントのドキュメンタリーDVDはどちらも完売しており、井上氏は「今なおあの作品を見たい、ほしいと言ってくださる方多数という状況があって、どうしようか~とはこの2~3年つねづね思っておりました」と検討した結果、書籍化を決定。

 かねてから『SLAM DUNK』の続編は書かないことを明言している井上氏は「新聞広告から始まる2004年の1億冊感謝のもろもろについて、これが総決算といいますか、最後のものになろうかと思います」と綴っており、今回の書籍化が『SLAM DUNK』関連作品の最後の作品となる可能性を示唆した。なお、具体的な発売日等は発表されていない。

 『SLAM DUNK』は、90年~96年まで雑誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載。日本のバスケ人気の火付け役となり、アニメ化もされ、一大ムーブメントを巻き起こした。その人気は現在も衰えを知らず、昨年にはアニメ版のDVDボックスが発売。その発売を記念した開催されたファン参加型イベント『SLAM DUNK 20000 PROJECT』では、各地に設置されたバスケのリングにファンが次々にシュートを決めていき20000本シュートを達成したことも話題を呼んだ。


【oricon style様より引用】
スポンサーサイト

テーマ:価値ある情報ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。