FC2ブログ





エンターテイメントの要素を掲載したニュースブログです!



プロフィール

謎の一般人S

Author:謎の一般人S
ニュース速報!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WBC日本は韓国にコールド勝ち!だがエース松坂は自分自身に対して怒りを!?
顔を真っ赤にしながら、沸き上がる感情を抑え込んだ。松坂のエースとしての責任感が、自身への怒りを生んだ。「自分の今、置かれている立場からすると、初回の3点でビシッといかないと。点の取られ方も良くなかったので、自分自身、試合中、頭にきました」ベンチに座ると、タオルで強く顔をぬぐった。

 痛恨の一発だった。3点を先制した直後、気合が力みを生んだ。1回2死三塁。金泰均に3球続けた外角へのスライダーが外れた。4球目、カットボールが真ん中高めへ浮き、2ランを浴びた。激情を抑え込み、必死に気持ちを切り替えた。ベンチで城島と対策を練った。「スライダーの曲がりは良かったけど、ストライクを取れないと話にならない。真っすぐとカットボール主体でいこうという話をしました」世界で戦う男は、自身と試合をコントロールするすべを知っていた。

 2回からカットボールを左右に散らして、徐々に立ち直った。3、4回はスライダーの制球も戻り、追加点を許さなかった。右打者の内角を突くシュートも効果的だった。「3、4回は状態が良かった。次は最初からそういう状態で投げたいと思う」と、笑顔で手応えを口にした。

 絶対に勝ちたかった。00年のシドニー五輪で、韓国と2度対戦。予選リーグでは9回5失点ながら10奪三振の力投もむなしく、延長で惜敗した。3位決定戦では、8回3失点完投で再び10三振を奪ったが、自責0で負け投手。メダルを逃しベンチで泣いた。

 9年の時を経てこの日を迎えた。試合開始直前の緊迫したベンチ。ブルペンから準備を終えて出てきた松坂は、ナイン一人ひとりにグータッチして回った。「必ず勝たなければいけない相手。力は入っていたかもしれませんね」大会通算4戦全勝とした世界のエースが、強い気迫と確かな投球術で、アジア最大の壁を乗り越えた。

【livedoorニュース様より引用】
スポンサーサイト

テーマ:スポーツニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。